探偵浮気調査ガイド|探偵が契約時にあなたを騙す9つの手口とは

探偵に浮気調査をお願いする時は・・・

怪しい

夫の浮気、妻の浮気がわかった。

離婚する前に、確たる証拠をたくさん集めたい。

そのため、どこの探偵事務所に浮気調査をお願いするか、探していませんか?

平成18年に探偵業法という法律が出来ましたが、まだまだ違法なもぐり探偵がいます。

テレビでもそうい演出がされているので、そんなイメージをいただかれるのかもしれません。

また、身近に探偵と接する機会もないですし、どうも雑居ビルに入居しているようなイメージもあるので、どこの探偵事務所にお願いしていいのか、不安・・・

探偵に依頼する時、特に騙されやすい9つのポイントをご紹介します。

契約する前に、最低でもこの9つを確認するようにしましょう。

目次

1.探偵に浮気調査をお願いする時の9つのポイントとは

2.探偵の浮気調査内容とは

3.探偵の浮気調査料金を安く抑える方法

4.浮気調査を探偵に依頼するなら

探偵ランキング

 

1位 2位 3位
探偵 原一 HAL探偵社 ISM調査事務所
公式サイト 原一探偵事務所 HAL探偵社 ism150
料金<1時間> 10,000円
@1名
6,000円
@1名
15,000円
@1名
諸経費 込み 込み 別途
支払い 前払い 後払い 前払い
※応相談
拠点
とても良い

全国17ヶ所
良い

全国11ヶ所
ふつう

東京
全国対応OK!
実績 調査実績41年
70,000件以上
相談件数
9,000件以上
個人事務所として
幅広く対応
特徴 調査能力が高く、調査員は100名以上。保有車も100台以上と業界最大手です。 全国対応で、料金が安く、且つ後払いで人気です。 小規模のため細かい部分でも、柔軟に対応します。
総合評価 星5個 星4個 星3個
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

 

1.探偵に浮気調査をお願いする時の9つのポイントとは

1-1.契約する場所はオフィス

オフィス

探偵に浮気調査をお願いしたい!と思った場合、ホームページから電話または、メールで依頼します。

あなたが依頼したい探偵事務所は、東京にしかなく、神奈川の静岡よりに住んでいる場合、ちょっと行くのに時間がかかって難しい。。。

何とか、事務所に行かなくて電話だけで依頼出来たりしないのかな?と思うかもしれません。

また、探偵が家に来てくれたり、近くに来てくれて契約出来ないかな?と考えると思います。

来てくれるのはありがたい!と思うかもしれませんが、契約する時は、探偵事務所に訪問しましょう。

探偵の事務所に行くと、どんなところで、何名ぐらいでやっているのか雰囲気がわかります。

GoogleMapで住所を入れたらすぐわかるよ!と思うかもしれませんが、実はそこには事務所がないかもしれません。

名前だけ借りていて、ポストだけ。。。 ということもありえます。

しっかりと自分の目で、探偵の事務所を確かめる事が大事です。

あなた:「探偵に、事務所にお伺いします!」

探偵:「嫌、こちらから伺いますよ。」

と言われたら、ちょっと怪しいかも!と思うべきです。

△一番上へ戻る

1-2.全国対応だけど、拠点をチェック!

全国対応

探偵事務所は、基本「全国対応!」と書いてあります。

でも、これ注意が必要です。

探偵事務所の拠点がある場所をチェックしてください。

あなたの近くに、拠点がない場合、その探偵事務所にお願いしても、その探偵事務所の探偵が来るとは限りません。

多くの場合、協力関係を築いている探偵スタッフが来ます。

あなたの住まい:大阪

探偵事務所の拠点:東京のみ

この場合、大阪にある別の探偵事務所の探偵が来る!という事です。

ホームページを見て、この探偵事務所にお願いしたいと思ったのに、別の人が来るのは不安ではありませんか?

この場合、契約内容に注意が必要になります。

私(探偵)は、聞いていない!

など、そういった事が言われるかもしれません。

当社のネットワークで全国対応します!とあると思いますが、そういったところには注意しましょう。

きちんと、あなたがホームページでお問合せした探偵事務所に依頼が出来ない場合は、見送るか、別の探偵事務所をお願いした方が良いですよ。

△一番上へ戻る

1-3.GPS調査は証拠として不十分

GPSラブホテル

最近は、GPS調査をする探偵事務所もいます。

あなたの夫、妻が車で出かけて、その車をGPSで追跡。

ラブホテルの駐車場に止まっていることを確認。

それを持って、あなたの夫、妻は浮気をしています!と言われても・・・ 1人で行っているかもしれません。

確たる証拠にはならないんです。。。

車がそこにあった!というだけで、夫、または妻が浮気相手とそこにいた!という証拠にはなりません。

探偵事務所も、GPS調査の方が楽なので、それだけ済ませて、儲けようと考えています。

あなたも、GPSのデータを見せられて、

探偵「ほら、ここはラブホテルの駐車場なので、浮気してますね。」

って言われて、信用出来ますか?

「もっと調べろ!! 相手は?」 と思うのが普通です。

GPSではなく、実際に尾行調査をお願いしましょう。

△一番上へ戻る

1-4.女性探偵の在籍。電話受付が女性はダメですよ。

受付女性

探偵事務所に、探偵は何人??

これはかなり重要です。

1名では尾行する事が難しいです。

ずっと同じ人が後ろからついてきたらさすがに変?って思いますよね?

人通りが多いところならわからないかもしれませんが、ちょっとでも人通りがなくなると大変です。

また、1名だけだと、人混みにまぎれて、どこにいったのかわからなくなることもあります。

急いで、電車に乗られて、同じ電車に乗れなかった・・・ ということも。

そういった時でも対処出来るように、2,3人で尾行するのが一番です。

そのため、探偵の人数はかなり重要です。

10名と書いてあっても、外部の臨時的な人も含まれているかもしれません。

その確認のためにも、1−1でもお伝えした探偵事務所に行くことが大事です。

さらに、人数だけでなく、最も大事な事!!

女性探偵

浮気調査をするからには、ラブホテルに行くこともあります。

ラブホテルへの入り口写真だけでは証拠として弱いこともあります。

2人一緒に入るのではなく、別々で時間差に入ったらどうしますか?

別々に入ったとしても、入り口で一緒にホテルの部屋を選んでいたり、エレベーターに乗って部屋にいきます。

この時、女性探偵がいると、カップルとして同じようにラブホテルの中まで入っていく事が出来ます。

浮気対象者が前で、2人で部屋を選んでいるのを、後ろで待つことも出来ます。

部屋を選んで、エレベーターを待っている間に、探偵も部屋を選んで同じエレベーターに乗る。

ぐう〜のネも出ない証拠ですよね・・(汗

隣の部屋を選んで、同じ階で降りることも。。

そういった探偵調査の幅を広げるために、女性探偵がいる事がわかると良いです。

たまに、うちも女性いますよ!

と応える探偵事務所があります。

でも、それ、 電話受付担当 だったりしますからね。。。

注意が必要です。

 

△一番上へ戻る

1−5.契約日数と追加料金の契約文言

契約書

探偵事務所のホームページを確認すると、必ず料金表が掲載されています。

1日 ◯万円

実際に契約する時は、 日数 × ◯万円 となりますが、必ずトラブルになるのが追加料金の事です。

料金表がない、掲載されていないところは、論外ですので、相談しないように。

◯◯をしたから追加で料金が発生した。

何かにつけて追加料金を取られた

そういった事例が多発しています。

料金表をチェックする事は大事ですが、実は、「追加料金の料金表」もかなり大事です!!

何をどうすれば、追加料金が発生するのか、事前に確認しましょう。

■料金表のチェック

■追加料金表のチェック

<契約書文言で注意>

「追加料金の発生については、当社の判断による」

こういった文言の場合は、注意しましょう。

探偵事務所の最良で、何でも追加料金にされる可能性があります。

△一番上へ戻る

1−6.完全成功報酬の場合、定義が曖昧でリスク

探偵料金成功報酬

探偵に浮気調査をお願いする場合、それなりの費用が発生します。

そのため、最近では、成功報酬型の探偵事務所が存在します。

依頼する側からすれば、成功したら払われるからいいのでは?と思うかもしれませんが、成功の定義がかなり曖昧です。


<成功の定義>

■ラブホテルへ2人で一緒に入る写真

■ラブホテルから2人で一緒に出てくる写真


など、成功の定義を明確にする必要があります。

(これだけでは甘いですが。。。)

契約書にも、この成功の定義が何も書いておらず、「探偵事務所の判断を持って成功です!」と言われる事があります。

また、成功報酬と見せかけながら、実は成功報酬ではないような契約書になっている事もあります。

着手金、経費、追加料金

などなど、随時お金を取られる事もあります。

成功報酬だから安心、と思わず「成功の定義」を確認し、それを契約書に入れましょう。

「当社の判断による」

なんて、文章であれば、間違いなく、自由に成功です!と言われますよ。

△一番上へ戻る

1−7.調査報告書のサンプルが確認出来るか(実物でもOK)

探偵調査報告書

あなたは、探偵の調査報告書を見た事はないと思います。

実際に、探偵に依頼したらどんな報告書がもらえるのか。

この報告書はかなり重要で、今後裁判で争うかもしれない重要な証拠となります。

そのため、しっかりとした報告書をもらう必要がありますが、中には、

■紙2,3枚

■写真2枚

といった探偵事務所もあります。

ラブホテルに2人で入る写真1枚と2人で歩いている写真1枚。

探偵:「これが浮気の証拠です。では、料金は30万円です。」

って言われて、納得出来ますか?

浮気相手はどこの誰?

いつ2人はあって、その日はどういった行動をして、どこにいった?

そういったことが全くわかりません。

浮気場所がビジネスホテルだったら、入り口で2人の写真を撮ったとしてもそれは証拠としてはかなり弱いです。

部屋は別々でした!

と言われるかもしれません。

違う人で、たまたま2人で入っただけで、赤の他人です。

と言われるかもしれません。

しっかりと尾行していて、あなたたち2人はずっと一緒だったので、赤の他人、たまたま一緒に入り口を入っただけ、などの言い訳は出来ないようにする必要があります。

またしっかりと浮気相手の住所も確認したいと思いませんか?

そういった一連の調査内容がわかるのが調査報告書です。

こういった、調査報告書がもらえるかどうか、必ず探偵事務所にいった時に、調査報告書のサンプル、または実物を見せてもらいましょう。

 

調査報告書を見せてくれない場合は、まず怪しいと思ってください。

あなたへの報告は、写真1,2枚で終わるかもしれませんよ。

△一番上へ戻る

1−8.写真を撮る技術力で探偵の尾行能力がわかる

scoop写真

探偵の調査報告書の中に、写真が必ずあります。

この写真が撮られた角度をチェックしてください。

あなたの夫、妻と浮気相手をどの位置で写真を撮っているか。

最も尾行能力が高いとされる写真の角度!

前からの撮影

後ろから撮影することは、ちょっとした素人でも出来ます。

また後ろから撮影する場合、2人の顔がちゃんと見えないので、証拠として使えないケースもあります。

しっかりと浮気の証拠写真が取れない場合が多いんですね。

でも、あなたの夫、妻と浮気相手を前から撮影するとバッチリ顔も確認する事が出来ます。

フライデーや週刊誌で芸能人のスクープ写真を見た事ありませんか?

ほとんど、前から撮影した写真です。

2人で車に乗っているところを前から撮影。

2人で手を繋いで歩いているのを前から撮影。

前から撮影することは、バレる可能性もあるため、かなりの技術が入ります。

その意味で、フライデーや週刊誌の記者はかなり尾行能力が高い!と言えます。

この写真を撮る技術、尾行能力が相手を追いつける決定的な瞬間を激写してくれます。

報告書の中に、後ろからの写真ばかりしかなければ、能力がない!と思って間違いありません。

今度、フライデーや週刊誌を見る時は、この目線で見てみてください。

もっと面白く見れますよ。

△一番上へ戻る

1−9.メディア掲載事例

新聞メディア

テレビ、雑誌、新聞などに出演、掲載経験があるかどう

これは大きな判断材料の一つです。

探偵は怪しいイメージがあるので、一度でもテレビなどに出ていると見方も変わってきます。

テレビ局がある程度、チェックしているので、そのチェックに乗っかるのも選択肢の一つです。

ホームページがしっかり作られているところがメディアに掲載される事が多いので、しっかりとホームページは再度確認しましょう。

あと、メディア掲載事例があれば、全部でなくてもいいので、2,3個は検索してみてください。

どんなメディアなのか!?

よくわからないメディアに掲載されている、という事もあるかもしれません。

ホームページもなく、メディアにも掲載されたことがない。

そんな探偵事務所に依頼するのは辞めましょう。

2.探偵の浮気調査内容とは

■浮気相手の特定

■浮気相手と不貞の証拠撮影

■浮気相手と妻、夫の尾行

この3つが主な調査内容です。

実際に、探偵は尾行する際、無線を使ってやりとりしています。

探偵は、2〜3名程度のチームで動きます。

携帯の場合、伝え忘れが出るため無線を使っています。

無線をつけた時はこんな感じです。

探偵無線

また、こんな道具で、尾行をしながら、決定的な証拠写真を撮ります。

 

<探偵道具>

カメラ付き時計 tabako raiter

 

実際に尾行して、下記のような写真を撮ります。

探偵調査報告書探偵調査報告書探偵調査報告書探偵調査報告書

 

しっかりと顔がわかるレベルで写真が撮られているがわかりますか?

こうやってみると、週刊誌にデビューしたような感じですね。

浮気調査で、写真が1,2枚という事はありえません。

しっかりと1日尾行して、何をしていたのか、把握する事が大事です。

3.探偵の浮気調査料金を安く抑える方法

探偵の浮気調査料金は、基本、

日数×人数

そのため、日数を限りなく抑える!

これに限ります。

最近では、時間計算も出てきました。

そのためには、あなたは、

旦那、妻が浮気する、しそうな日を特定する

これが最も大事です。

もし仮に6月10日に浮気しそうなので、この日だけ浮気調査をお願いします!

となると、1日×人数になります。

こうする事で、探偵費用を安く抑える事が出来ます。

慰謝料を請求する時、浮気の証拠はたくさんあった方が有利です。

そのため、できれば3回以上〜が理想です。

ただ、金銭的に難しいようでしたら、1回で浮気相手の住所まで特定してしまいましょう。

そのためにも、あなたが浮気しそうだ!という日を探す必要があります。

人数は1名の方が安いですが、リスクもありますので、最低2名。

できれば、3名をオススメします。

3名もいると、成功確率がかなり上がります。

1名だと、40%とも言われています。


忘れがちな注意するポイント!

なたが浮気相手の素性(住所、勤務先)などわかっている場合は、1日だけ、という事も可能です。

もし、あなたが浮気相手の素性がわからない時は・・・ 1日5時間とか、時間制限をすると、浮気相手の素性がわからず調査が終了してしまうこともあります。

相手がわからない限り、慰謝料の方法がありません。 時間を短くして、安く抑える事も大事ですが、浮気相手の素性も調べる事をお忘れなく!!

△一番上へ戻る

4.浮気調査を探偵に依頼するなら

探偵事務所1位原一

原一探偵事務所

料金 エリア/拠点 実績
1日80,000円〜@
1名
基本料金40,000円
全国対応
拠点:17ヶ所
解決実績
70,000件以上
調査実績41年

高くても結果、質に拘るなら原一!!

調査実績41年、解決実績41年は、伊達ではありません。

私も一度、原一事務所の尾行調査体験を行いましたが、探偵の尾行能力、写真撮影能力、車の運転技術、どれをとってもピカ一です。

少し、料金は、他社よりも高くなりますが、追加料金も一切発生せず、対応もしっかりしています。

大手で長年の実績から安心感もあります。

テレビ番組で放送される際、バラエティ番組などではなく、報道ばかりです。

報道は、本当に探偵の能力が高くなければ出来ません。

70,000件以上の解決実績があるため、裁判事例も豊富です。

しっかりと、裁判でも勝てる証拠写真を押さえてくれます。

原一探偵事務所

探偵事務所2位HAL探偵社

HAL探偵社

料金 エリア/拠点 実績
1時間6,000円
1名
成功報酬&後払い
全国対応
拠点:11ヶ所
相談件数
9,000件突破

成功報酬にこだわりたい

どうしても探偵事務所は、怪しい。

できれば、成功報酬の事務所にしたい!という時は、HAL探偵事務所です。

全国11拠点と全国対応もしっかりしております。

また調査報告書も、書類だけでなく、DVDなどがあります。

解決実績、16,820件と実績も出てきています。

お金にこだわりたい人にオススメです。

ハル探偵社

探偵事務所3位ISM調査事務所

ISM調査事務所

料金 エリア/拠点 提出物
1時間
15,000円〜
最低3時間
全国対応
拠点:東京
予備調査、証拠VTR
報告書提出

小さい事務所なので、小回りが聞きます。
そして、ちょっと他の事務所に比べると安くなります。

大手探偵事務所と比べると2/3ぐらいでしょうか。

どうしても費用を安く抑えたい、という人にはオススメです。

事務所は、東京のみで全国対応できますが、関東圏以外になると、ネットワークで依頼する事になります。

どういった探偵事務所に依頼しているのか、あなたからはわからないので、関東圏の人でさらに費用を抑えたい、という人向けです。

ISM調査事務所

△一番上へ戻る