1. ホーム
  2. 探偵の仕事内容
  3. ≫探偵がいつも持ち歩いている7つの道具とは

探偵がいつも持ち歩いている7つの道具とは

LINEで送る
Pocket

探偵になると、必ず現場に持ち歩いている必須の道具があります。
持ち歩いている必須道具3つと、利用頻度が高い道具4つをご紹介します。

意外と必須道具に含まれないものがあります。
それが、携帯電話(スマホ)です。

意外だと思いませんか?

後ほど、理由は説明します。

持ち歩いている3つの必須道具とは

●カメラ

一眼レフカメラ

(出典:Amazon

証拠を撮影するために、必ず必要です。
これがないと、依頼人に証拠を渡せないので、必ず持っています。

一眼レフ、デジカメ、ビデオカメラ

ほぼどれか1つは確実に持っています。
車の尾行であれば、すべて車の中に搭載しています。

●無線

無線探偵

ここで携帯と思う人もいると思いますが、携帯は持っていますが、実はそれほど使いません。
それよりも、探偵は、無線を活用します。

携帯ですと、1対1の会話になります。

でも、無線の場合、1対3とかの対話も出来ます。

一度にたくさんの人に、ホウレンソウができるため、無線を使っています。
あと、ボタン一つで、話しができるため、わざわざ携帯みたいに、電話帳から選んで、という作業も必要ありません。

スピードが求められるため、無線を活用します。

他の人に聞かれてもわからないように、依頼人、ターゲットなどは暗号化されており、共通の暗号キーワードで会話しています。

●ICカード

Suicaカード

(出典:㈱トランスネット様

今の時代、これがないと尾行が出来ない、時代です。
電車、バスに乗るにも必須です。
これがあれば、切符を買う時間も省けて、乗越精算も必要ありません。

電車の改札口に離されて、同じ電車に乗れず失敗した、という事が極端に減りました。

多くの探偵が使っている4つの道具

●ICレコーダー(ボイスレコーダー)

ICレコーダー

何に使うの?と思う人がいるかもしれませんが、意外にも尾行調査中に使います。

紙に、ターゲット、◯時◯分、お店に入る、とメモする時間もないので、ICレコーダーに吹き込んでいきます。
あとから聞いて、さらに写真と照らし合わせると、調査報告書が作れます。

意外と、便利で、これを使っている探偵がほとんどです。

あとは、内偵調査などで、聞き込みをするときにつかいます。

堂々と、ICレコーダーを相手に向けると、嫌悪感を感じる人が多いので、マイクをつけて、カバンの中に隠して、話を聞きます。
メモするにも相手が早く話をしたりすると、すべて書けなかったり、忘れてしまう事もあるのを防ぐためです。

●携帯電話(スマホ)

携帯

私が見た限り、スマホを使っている探偵はかなり少ないです。
ガラケーが多かったですね。

依頼人や本部に連絡する時などに携帯を使っています。
どこで緊急時になるかわかりませんので、持っている人は多いです。

ただ、スマホの機能はそれほど必要ないので、通話ができれば十分といっている探偵が多いです。

●単眼鏡

単眼鏡

(出典:Amazon

双眼鏡ではなく、単眼鏡です。
名前の通り、片方の目だけで見ることができます。

双眼鏡だと、周りから見たら変に見えますし、デカイので、持ち歩くのも大変です。
単眼鏡だと、持ち運びやすいというメリットがあります。

目立ちにくいので、意外と使えます。

●カーナビ

carnavi

(出典:Amazon

今やなくてはならないものになりました。
調査中に使う事もありますが、実は調査後にも使います。

走行履歴を報告書に書くことができるからです。
写真とICレコーダーに気を取られていて、どこを走っていたのか、どこに止まったのか、すべてを記憶する事は難しいため、カーナビの走行履歴を使います。

●カーインバーター

カーインバーター

(出典:Amazon

意外と正式名称を知らない人が多いのですが、車のシガーソケットに差し込む電源機器です。
携帯を充電したり、ビデオの充電だったり、用途は様々で探偵の必需品です。

●三脚

三脚

これは、探偵の車に必ず積んであります。
ビデオカメラをずーーーと回し続けている時、手で持つのは無理です。
三脚にセットして、撮影します。

これだけで探偵の体力はずいぶんと違います。
三脚にもいろんな種類があるので、それぞれ搭載しています。

【悲報】探偵に浮気調査を依頼!騙される9つのポイントとは|探偵浮気調査ガイド

 

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。