1. ホーム
  2. 探偵の仕事内容
  3. ≫探偵のできること・できないこと

探偵のできること・できないこと

LINEで送る
Pocket

できない事の方が多い!探偵業法が定める事とは

誰か、あるいはどこかの会社が持っている情報を、さまざまなテクニックを使って探りだす。

そんな探偵の仕事は、重要な秘密やプライバシーに触れる機会がかなりある。

しっかりとした倫理観を持たない人間には、出来ない業務だ。

調査で分かった情報を基に、違法、悪質な行為を行う探偵は、過去、また現在もいる。
こうした事態を予防し、トラブルを防ごうということで、2007年に施行されたのが「探偵業の業務の適正化に関する法律」です。

すべての探偵が守らなければいけない法律である。

同法第2条

探偵が行う実地の調査として、「聞き込み」「尾行」「張り込み」の3つが挙げられている。

探偵は、これらの実地調査により、ターゲットの所在、または行動についての情報を収集する。
これが業務の内容になるが、だからといって探偵に特別な権利が与えられているワケではない。

そのため、例えば、盗聴器をしかけて会話を聞くなど他の法令に違反する行為が探偵だから許される、ということはない。

そこで、同法第6条では、

「〜探偵業務を行うにあたっては、この法律により他の法令において禁止又は制限されている行為を行うことができることとなるものではないことに留意〜」

と記載されている。

欧米では、探偵がライセンス制のところもあり、情報の入手や利用について、探偵に特別権限が与えられているところもある。

そこで、探偵事務所は、自社の調査員(探偵)のスキルを高める目的で定期的な研修を行っているところもあるが、「その多くは、””〜してはいけない”という禁止、制限に関する内容」ばかりとなっているのが実情である。

法律とは別に、業界団体が定めた独自の要綱や自主規制も存在している。
日本最大の業界団体であるんほん調査業協会では、会員である探偵が守るべき「臨機要綱」「自主規制」を差玉ている。

秘密保持以外に、情報の不正取得や虚偽記載の禁止などを定めている。

また、広告文に関する議論もされている。

探偵ができることを増やす

探偵業法や業界団体の自主規制、すべてを守っていたら、探偵なんて、出来ないのでは?

と思うかもしれない。

しかし、実際には、大手探偵事務所を含めて、こうした法令・規制を守りながら、制度の高い調査を行っている。

数々の現場を経験することでノウハウを蓄積している。
蓄積したスキルや情報を駆使して、「できないこと」を守りつつ、「できること」を増やしていく。

探偵ができる仕事

探偵業法 第2条に定義された「探偵業務」の調査手法

聞き込み
尾行
張り込み

探偵ができない仕事

別れさせ屋
別れさせ工作
縁切り屋
復縁工作
出会い工作
仕返し屋
復讐代行
殺人請負
犯罪歴データ調査
出入国等渡航歴確認戸籍等公簿取得
データ調査関係(電話番号からの身元確認)
サラ金等の利用状況確認
銀行データ確認
クレジット利用状況等の金融データ確認調査
発信機の設置
盗聴器設置、盗撮請負
紳士録

探偵浮気調査ガイド|探偵が契約時にあなたを騙す9つの手口とは

 

LINEで送る
Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。